次のページ 前のページ 目次へ

4. 企画

4.1 移植する人へのアドバイス

ボードの企画の段階から話に絡むことがベストです. でないと,Linux には適さないデバイスを使用されてしまい,苦しむことになるかもしれません.

逆に,話合いに参加した結果,使用したデバイスで苦しんだとしても,怨むのは自分です :-)

適したデバイスとは,適した順に

  1. Linux で使用実績のあるデバイス
  2. 仕様が公開されているデバイス
  3. 仕様が非公開のデバイス
です.

前述の GPL と NDA の項も参照のこと.

4.2 売る人へのアドバイス

Linux 対応のボードを企画して販売しようとする場合,やはり企画の段階から移植の担当の人と話し合いましょう.

Linux が動く/動かない,というだけではなく,「Linux で使いやすいボード」についてのアドバイスももらえるかもしれません.

(というか,私自身「どうしようもないな」と思うボードに Linux を移植するのはとっても嫌だったりします. 移植するなら「これはイイ,イケル」と思うボードを相手にしたいものです.)


次のページ 前のページ 目次へ