Tweet

電器用品安全法

最近「中古の電化製品の売買ができない」とか騒がれている原因の法律である.

何となく聞いたところによると

  • 電化製品の本体から AC ケーブルが伸びている製品は NG
  • 外に AC アダプタを持っているものは,本体は OK, AC アダプタは NG

ということらしい.

で,ふと

今付いてる AC プラグを切り落として,オレオレ仕様(海外仕様のものなど)の AC プラグを付けて売ったらどうか

というあたりを思い付く.

電器用品安全法で対象となる「一般用電気工作物」というのは,ここを見る限りでは使用法や接続形態で定義されていて,電圧で定義されているわけではない. 外付け AC アダプタの機器の本体がセーフ,ならば

      電安法←|→治外法権(?)
−電灯線−−−−UPS---(オレオレコンセント)(オレオレプラグ)---電器機器

こんな感じで,インバータが常時稼働している UPS を使って電気を供給(ということに)すれば,「一般用電気工作物」の縛りから抜け出せるのではないか.

まぁ,こんなあたりは既に誰か思い付いているのだろうし,これが有効な手段となるかどうかはわからないけど,とりあえず書いておく.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-03-09 (木) 02:29:55 (4425d)