Tweet

コンピュータにまつわる迷信

マウスカーソルをぐるぐる回すとファイルオープンが速くなる,という迷信があるようである. FreeBSD の FAQ に「ディスクのバックアップには dd を使わずに dump + restore を使うべし」というものがあるそうである.

マウスぐるぐる,のほうは,「マウスイベントの処理時間が増えるので,逆効果である」とも思えるが,「特定の環境においては,マウスイベントによりタスクスイッチが発生し,ボトルネックとなる処理に CPU が割り振られ,処理がよどみなく進むようになり,ファイルオープンは速くなる」ということもあるかもしれない.

ディスクのバックアップ,にしても「ディスクの read/write のパフォーマンスを測定するために,ある状態のパーティションのスナップショットをバックアップしたい」ということもあるかもしれない. この場合は dump + restore は不向きである.

いずれの場合も「その理由が示されていない」ということは共通している. 情報の受け手としては,「正しい」「正しくない」というレベルの判断はできず,「信じる」「信じない」という判断しかできない. また,「信じる」場合でも,「その情報はどこまで適用できるか」という判断はできない. これでは迷信と同じである.

というわけで,初心者向けの FAQ でも,その理由ぐらいは説明すべきであろう. 初心者にはその時は理由が理解できなくても,そのうち理解できる日が来るだろうし(人間は進歩・学習するものである),それが理解できればその答えの適用限界も理解できる.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-03 (日) 04:25:31 (4117d)