Tweet

製造物責任

三洋製扇風機から出火、夫婦死亡 37年前に製造(朝日新聞)

製造者の責任を問われかねないような論調だけど,ここまで古い場合はどうかと思う.

「古くなった物でも捨てずに使う」というのは確かに美徳の1つである. が,「ちゃんと手入れをして」という条件が伴う. 30 年間ずっと点検整備も車検も通してもいないクルマを想像してみればわかるだろう.

とは言うものの,モノを作る側としても何らかの対策は必要だろう. 最低限

製造後 xx 年経過し,使用を続ける場合は xx 年毎に電気屋で点検・整備をしてもらう

というような事項は説明書に明記すべきだろう. もっと踏み込むならば

製造後 xx 年経過すると電源が入らなくなるような仕組みを組み込む

というような対策も有効かもしれない. 具体的にどういう回路にするかは思いつかないのだけど,例えば素材の劣化を利用するような長期間のタイマ(?)デバイスがあれば実現できるだろう. どこかのガス湯沸かし器のように仕組みを回避するように改造される可能性もあるのだけど,何も無いよりはマシであろう. 少なくとも最初の1回は電気屋に持ち込んで修理してくれるだろうし.

しかし,オレが産まれた頃の扇風機か…


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-24 (金) 08:01:43 (3762d)