続 mixi 規約改正

騒ぎも一応下火になってきてるようなのだけど,今一度検証してみよう.

新規約案

突っ込み所満載の新規約なのだけど,一番の注目箇所であるココ.

第18条 日記等の情報の使用許諾等

1 本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。

2 ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

これを見て,当然,ユーザはビビる. 普通に読めば「自分の日記をミクシィが勝手に本にして出版することを許すことになる」ということになるだろう. 実際その通りである.

アナウンス その1

そして,mixi 内に以下のようなアナウンスが掲示される. なお,これは mixi サイト内だけのアナウンスで(プレスにも同様の内容で回答しているようだが)プレスリリースですらない.

上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。

また、ユーザーが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。

1. 投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること。

2. アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること。

3. 日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること。

なお、ユーザーのみなさまの日記等の情報を書籍化することに関するお問い合わせもございますが、こちらの点につきましても、従来どおり、ユーザーのみなさまの事前の了承なく進めることはございません。

これは「あくまでも現時点ではこういう解釈で運用するつもりです」というだけの話で,将来にわたって約束しているものではない. だいたい,対外的に公表するプレスリリースですら「合併の協議の事実はない」とか言いつつ次の日には企業合併が決まってたりすることがよくある.

ホントにそのつもりでしか使用する気が無いのなら,規約の条文自体に織り込むべきである. 今の規約案のままでは,変な例えをすると,蚊を一匹潰すのに原爆を投下するようなものだ.

話は外れるが,私は昔,交通事故の被害者になったことがある. で,示談交渉というものに挑んだわけだが,保険屋が提示された示談書がひどかった.

後遺障害についてはこれを補償しない

なんて項目が堂々と書かれている. 保険屋は「こう書かれているけど補償します」と口先では言っているが,普通の人はそんなの信用しないだろう. 加害者の人も「確かにこれはひどいなぁ」ということで,この部分は書き換えて示談成立としたのである.

以上で脱線は終わりだが,アナウンスと言っても拘束力はこんな口約束レベルの話でしかない.

アナウンス その2

その後,こんなアナウンスが掲載された.

・mixi利用規約第18条の条文修正

 −ユーザーのみなさまに著作権があることの明記などについて検討しております。

・Q&Aの作成、公開

 −寄せられたお問い合わせ、用語などについてのQ&Aを検討中です。

…ハァ?

確かに「ミクシィに著作権が譲渡されてしまう」と騒いでた人はかなりいる. が,元々の条文を読めば「譲渡」ではなくて「利用許諾」でしかない. 許諾ということは,ユーザには著作権は残ってるわけである. 権利がないのに許諾できるわけが無い.

要するに,

新規約は実効上,何も変わらない

ということである.

で,利用許諾なら問題ないのか,というと問題アリアリなのは明白だろう.

ミクシィが勝手に日記を出版する

というのは依然として可能なのだから.

アナウンスの効果

が,アナウンスの効果自体はかなりあったようで

これなら安心だね

と,コロッと騙された人も多数いるようである.

というわけで

現在のステータスはこんな感じかな.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-08 (土) 13:34:43 (4612d)