Tweet

RSS リーダ

ここ数年で web サイトでの RSS 配信もすっかり定着したようである. RSS 自体は機械可読の単なる XML ファイルなので利用の仕方はアイディア次第なのだけど,ふつーのエンドユーザにとって直接関わってくるのは RSS リーダだろう.

で,この RSS リーダだが,人によって使い方はさまざまのようである.

全部読む/流し読む

「RSS リーダでフィードをたくさん購読すると読みきれない」という話をよく聞く. そういう人は,律儀に全記事を読んでいるのだろう.

私の場合は,RSS をかたっぱしから登録し,タイトル一覧から興味のある記事を選んで読むようにしている. タイトルというのは記事の要約なので,「流れをつかむ」という意味ではタイトルを読むだけでも十分である. 感覚としては

電車の中の週刊誌の中吊り広告を見ただけで,おなかいっぱい

というような気分かな.

RSS リーダで読む/web で読む

「RSS で記事本文を配信してくれないと,RSS リーダで読めないので困る」という話もよく聞く. このような人は,記事本文も RSS リーダで読んでいるのだろう.

私は,記事の本文は web のほうで読むようにしている. 写真を含めて全文をフィードしている RSS は,まれなので.

使ってる RSS リーダは

というわけで RSS に関して私は「流し読む/web で読む」派なのである. 以前はしっくり来る RSS リーダが無くて,こんなものを自作して使っていたのだが,最近は Google リーダーを使っている.

使いやすい RSS リーダ探しをしていた頃は「何でこんなに使いにくいものしかないんだろう」とか思っていた. が,そういう使い方の違いというのがわかったので,最近は「使い方は人それぞれなんだな」という程度に思っている.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-25 (土) 07:23:14 (4104d)