Tweet

JavaScript 第5版

タイトルそのままの JavaScript 言語本である.

一時は web の刺身のツマ扱いされていた JavaScript であるが,それ自体は立派なプログラミング言語である. 先日の「JavaScript コンソール」も,実はそんな気持ちが多少は入っていたりする.

本の中身であるが,二部構成になっている. 第1部では JavaScript のコアの部分(コア JavaScript),第2部では web ブラウザ上での JavaScript (クライアントサイド JavaScript)について書かれている.

で,タイトルに「第5版」とあるが,実はこの本,「第3版」も持っていたりする. 定価は変わらず 4200 円なのだけど,両者を比較すると

  • 本の厚みは増えている
    • 「コア JavaScript」の部分はほぼ同じページ数
    • 「クライアントサイド JavaScript」の部分が増えている
  • 第3版で付属していた言語リファレンス CD-ROM がなくなった
    • CD-ROM の内容相当は「JavaScript クイックリファレンス」として,別の本になったらしい

といったところで,内容が増えたのか減ったのかは微妙なところ.

web やブラウザまわりで何かしようと考える場合は,持ってても損は無いかと思います. が,旧版を持っている場合,買い直す価値はあるかどうかは微妙なところかもしれません.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-02 (木) 02:01:12 (3948d)