Tweet

OLYMPUS SZ-20

先日,Twitter で「このカメラをアマゾンでポチった」という書き込みが流れていた. 値段を見ると ¥9,980 と確かに安い. 下手なトイカメラみたいな価格だ. 今持ってるデジカメもいいかげん古いしなぁ,ということでオイラもポチる.

21 日に届き,軽くいじってみたので,感想を書いてみる.

今まで使っていたデジカメ

img155.jpg
img156.jpg

何ごとも「別のものと比較して違いを見る」というのが,分析するには有効な手段である. というわけで,今まで使っていたデジカメを引っ張り出してくる. フジフィルムの FinePix A101 である.

10 年ぐらい前に PC デポの店頭で ¥19,800 で買ったもの.

←の写真の上が A101 で,下が SZ-20.

電池と充電

購入前に一番気になったのはこれ. SZ-20 は専用リチウム電池を使用する. 一方,A101 のほうは単三電池2本である.

今のブランドもののデジカメは専用電池が主流だけれど,単三電池で動くものもまだまだある. ということは,

  • 専用電池でも致命的にダメということは無く
  • 単三電池は単三電池の良さがある

ということなのだろう.

で,実際にいじってみると,やっぱり心許ない. オプションの電池や充電器を見ると…純正品で揃えるともう1台買えちゃいそうだ. サードパーティ品で揃えるかなぁ.

あと,充電するには

  • デジカメ本体に電池をセットした状態で
  • USB ケーブルで充電
    • USB コネクタ - AC のアダプタは付属
  • 充電時は撮影不可
    • PC への写真の吸い出しは可能

というのもつらい.

USB ケーブル

A101 の USB コネクタは独自の形状で,一般的なミニ B コネクタとは違う. 実は

当時はミニ B コネクタが規格化されてなかった

というオチなのだけれど,専用ケーブルで接続するのはめんどくさい.

SZ-20 のほうは,というと… こいつも専用コネクタじゃねーかよ,くそー. 説明書・付属品・オプション類を見ると,コネクタからは

  • USB 信号
  • アナログビデオ出力
  • レリーズ信号

の信号がまとめられているようである.

一方,micro HDMI コネクタ (type D) は別に用意されている. こちらは規格品のコネクタのようである. オイラにしてみればこっちこそ他の信号とまとめてほしかったのだけれど,信号の周波数とかの都合があってまとめられなかったのだろうな. たぶん.

記録メディア

A101 の記録メディアは,あの SmartMedia である. SmartMedia は今日では入手困難なのも,買い換えた理由の1つ. S Z-20 のほうは,SD/SDHC/SDXC で,今日では一般的なもの.

そういえば,オリンパスもフジフィルムと一緒に

SmartMedia → xD カード → SD カード

と,記録メディアで貧乏クジを引いたクチなんだっけ.

ぐだぐだ書いてたら長くなりそうなので,今回はこのぐらいにしておく.

OLYMPUS SZ-20 その2

前回からの続き.

大きさとホールド感

img155.jpg

カメラの大きさはこんな感じで,いわゆる「コンデジ」である.

撮影する場合,右手は収まりはいいのだけれど,問題は左手. A101 のほうは,左手に気をつけないとフラッシュやセンサを手で塞いでしまって,妙な写真が撮れてしまう.

SZ-20 でも左側に測距用の赤色光源があったりするので,やっぱり持ち方には気を遣う. けど,フラッシュはレンズ上部の「OLYMPUS」ロゴの部分からポップアップするので,これは問題は無い.

ここらはコンパクトカメラの宿命なのだろうな. 「使いこんで慣れればいい」という問題でもあるし.

静止画撮影

カメラといえば,写真を撮るもの. 肝心の撮影機能について.

なお,オイラはカメラ小僧では無いので,カメラや写真の詳しいことはよく分かっていないので,そこらへん割り引いて読んでくだされ.

画素数

A101 の 1.3M ピクセルから SZ-20 で 16M ピクセルに大幅グレードアップ. 実に 10 倍以上の画素数!!

とは言っても,オイラの場合,写真を撮る主な用途は

  • web に載せる
  • 資料用

みたいなところであり,画素数に関しては実は A101 で十分満足している.

けど,「紙にプリントして鑑賞する」ような場合は,やっぱり「メガピクセル」ではまだまだ足りない,という話は聞いたことがある. 例えばハガキサイズで出力することを考えてみる.

まず,ハガキの大きさは 148mm x 100mm = 5.83インチ x 3.94インチ である. で,SZ-20 の静止画の最大サイズは 4608 x 3456 である. これをハガキに出力すると,長辺の解像度は 4608 ÷ 5.83 = 898 dpi となる.

一方,プリンタのほうは,と言えば,例えばこの Canon PIXUS MP280 では仕様上 2400dpi x 1200 dpi の解像度があるそうである. 「プリンタの性能を目一杯活かす」という意味では,SZ-20 の 15M ピクセルでも不十分で,もっと画素数が必要だと言える.

まぁ,オイラは,さっきも書いたように紙に出力はしないのでどうでもいいのだけれど. プリンタを買ったときに付いてきた写真用紙も未開封のままだったりするし.

ファインダーと撮像素子感度

A101 にはファインダーがあるが,SZ-20 にはファインダーなんてものは無い.

最近のデジカメしかいじったことが無い人は「ファインダーなんて何に使うの? ジジイの懐古趣味か?」と疑問に思うだろう. A101 の場合,撮像素子の感度が低く,「お誕生日で部屋の明かりを消してロウソクが灯ったシーン」というのはきれいに撮影できない. そういうところで撮影するにはフラッシュを炊くしか無いのだけれど,写真のフレームを定めようにも周囲は暗く,また撮像素子の感度も低いので,液晶画面のプレビューは役に立たない. このような場合にファインダーが威力を発揮する.

が,SZ-20 では,このような暗い状態でも撮影することができる. もちろん液晶プレビューも使えるので,これでフレームを定めることができる.

手ぶれ補正

SZ-20 は最近のデジカメなので,手ぶれ補正機能も当然入っている. A101 には無い.

このため,SZ-20 では手ぶれをそれほど気にせず撮影することができる. 撮像素子感度が高くてシャッタースピードを速くできる,というのもあるのだろう.

フラッシュ

SZ-20 では,最近の一眼レフカメラのように,カメラの上部からフラッシュがポップアップする. 普段はフラッシュは本体に収納されていて,この状態ではフラッシュは使えない. もちろんファームウェア側でもフラッシュのポップアップ・収納の状態をちゃんと把握していて,収納状態では「フラッシュ発光禁止」状態になる.

A101 では,フラッシュは本体全部にあり,フラッシュの使用・不使用はメニューから操作する必要がある. もちろん自動判別するモードもあるのだけれど,フラッシュに勝手に充電してしまうので,これも良し悪しだったりする.

つまり,SZ-20 では,フラッシュ使用・不使用の専用切り替えボタンが付いている,とも言える. いちいちメニューを開いて切り替える必要が無い. 「電池の持ちを良くする」という意味でも,これはイイ.

AF 対パンフォーカス

A101 は,被写体との距離は「マクロ」と「望遠」の2種類の切り替えしか無い,パンフォーカスのカメラである. 困るのは小物を撮影するとき. マクロにするかどうか微妙な距離だったりすると,ピンボケ写真ができあがる. ピントを合わせようにもカメラの液晶画面は解像度が低いので,ピンボケかどうかよく分からない.

一方,SZ-20 はオートフォーカスのカメラである. シャッターを押すとピントを合わせてから撮影される. マクロ撮影でもピント合わせができるので,パンフォーカス機のようなピンボケ写真とはオサラバできる.

小物を撮影する時はオートフォーカスの勝利なのだけど,風景とかをパシャパシャ撮るときはピント合わせがウザいかもしれない. そういうところでは何も考えずにシャッターを切れるパンフォーカスのほうが気楽かもしれない. まぁ,シャッターを押してからの撮影するまでのタイムラグは,A101 も SZ-20 もどちらも同じぐらいなのだけど.

今回はこのぐらいにしといて,さらに続く.

OLYMPUS SZ-20 その3

デジカメを買い換えた話のつづき.

動画撮影

今まで使ってたカメラ

img065.jpg
img066.jpg

オイラが動画撮影用に今までに使ってたカメラは

  • バンダイ AVMC-211ZCA
  • EXEMODE DV570

の2つ.

これらのカメラについては「日記/2009-05-16/車載動画の撮りかた カメラについて」を参照のこと.

いずれも1万円弱の値段のトイカメラで,使うには一癖も二癖もあるものだったりする.

SZ-20

SZ-20 の動画撮影機能について.

ざっと概要を書き出してみると

  • 1920x1080 フルハイビジョン
  • 29.97 fps プログレッシブ
  • ステレオ音声
  • ファイル形式は H.264 .mp4 形式
    • 音声は AAC 形式

と言ったところ.

このカメラの安売りを教えてくれた人は「60フィールドのインターレースでないのが残念」とか書いていたけれど,オイラとしては申し分ない仕様だと思う.

というのも,最近は「動画サイトへの投稿」というのもビデオ撮影での大きな用途だったりする. 多くの動画サイトではインターレースの動画には対応しておらず,そういうサイトにインターレース動画をアップすると,動きのあるところで横縞が入ったりする. というわけで,インターレースではなくプログレッシブの動画なのは妥当な仕様なのではないかな,と思う.

あと,カメラを素早く動かしても画面がヨタらないのも良い. 前述のトイカメラだと,コマごとのシャッタースピード(?)が遅いようで,例えばカメラを横に振りながら撮影したりすると四角いモノの形が菱形に写ったりする. が,このカメラではそのような現象は起きない.

あと,動画ファイル形式が(最近の)Windows で標準対応しているというのもポイントが高い. 前述の AVMC-211ZCA は motion JPEG 形式で,当時の Windows には標準ではコーデックが入ってないにも関わらずサポート CD-ROM も付いてこない,という「コンシューマ向け製品としてどうよ?」ってな仕様であった. EXEMODE DV570 のほうは Xvid 形式で,こちらはサポート CD-ROM にコーデックは付いてきたのだけれど,添付ソフト以外の動画編集ソフトではコマ飛びが起きたりした. こちらはコーデック(というか,コンテナフォーマット)に問題があったようである.

まとめ

モノを買い換える場合,どうしても今まで使ってたモノと比較をしてしまう. 古いモノが壊れてしまって買い換えるのならまだ良いのだけれど,今回のように「古くなったし,買い換えようか」という場合は,「いい買い物をした」フラグの立つ基準が上がってしまう. 「古いモノとの性能・機能の差分」が払った金に見合うか比べてしまうからである.

SZ-20 をスチルカメラとして見た場合,確かに機能・性能は上がってるんだけど,上がった分が1万円に釣り合うかと考えると…ちょっと釣り合わない. が,ムービーカメラとして見ると今まで使ってたモノよりも数段上で,これだけでも1万円の価値はある.

と,買い物に何とか納得できたところで締めたいと思う.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-23 (金) 14:21:49 (2951d)