Tweet

FrontPage > Linux > Fedora Core > キー割り当て

キーボードのキー割り当てのカスタマイズについて.

コンソールのキー割り当て

ウィンドウシステムが起動していない,黒地に白文字の画面でのキーの設定.

定義ファイルのありか

Fedora では /lib/kbd/keymaps/i386/qewrty/ の下にあり,各定義ファイルは gzip 圧縮されています.

手動で設定を読み込むには

一時的に手動で設定を読み込むには,loadkeys コマンドを使用します. 例えば

loadkeys /lib/kbd/keymaps/i386/qwerty/jp106.map.gz

で,日本語キーボードの設定が読み込まれます.

カスタマイズするには

例えば,jp106.map.gz の設定をカスタマイズする場合. 左側の Ctrl キーと CapsLock キーを入れ換える場合について. 月並だけど.

  1. 設定ファイルを展開しつつコピー
    # zcat /lib/kbd/keymaps/i386/qwerty/jp106.map.gz > ~/jp106_Ctrl_Caps.map
  2. ファイルを編集
    vi でも emacs でも gedit でも好きなエディタを使いましょう.
    keycode  29 = Caps_Lock
    keycode  58 = Control
    の2行を書き換えます.

まぁ,ファイルの中身を覗けばわかると思いますが,中身は

keycode キー番号 = 機能名

の羅列になってるわけです.

  1. テスト
    # loadkeys jp106.map
    実は loadkey コマンドは,圧縮されていない設定ファイルでも読み込むことができます.
  2. インストール
    # gzip jp106_Ctrl_Caps.map
    # cp jp106_Ctrl_Caps.map.gz /lib/kbd/keymaps/i386/qwerty/
  3. 起動時に読み込ませるようにする
    /etc/sysconfig/keyboard の該当行をこのように書き換えます.
    KEYTABLE="jp106_Ctrl_Caps"
    ファイル名の .map.gz は,読み込み時に勝手に追加されるので必要ありません.

更なるカスタマイズ

最近のキーボードには,Power/Sleep/Wake とか,インターネットボタンとか,いろいろ謎のキーが増えていますが,デフォルトの設定では,これらのキーは使うことはできません.

まずは,「キー番号」を調べます. コンソールで

showkey

と実行します. このコマンドは,押したキー・離したキーのキー番号をリアルタイムで表示します. というわけで,調べたいキーを押してみれば,そのキーのキー番号がわかるわけです.

コマンドを終了するには,何も入力しない状態で 10 秒間待ちましょう. Ctrl + C で強制終了させようとしても,そのキー操作自体をダンプしてしまうだけです.

で,目的のキーのキー番号がわかったら,上記の要領で設定ファイルに書き加え,それを読み込ませれば ok.

ただし,ノートパソコンなんかでは,キーボード上(というか,キーボード付近)にあるボタンであっても,内部的にはキーボードとは別のデバイスとして接続されているものもあります. VAIO U シリーズの Thumb Phrase ボタンなどはこれに当たります. こういう場合は,この方法での設定は素直に諦めましょう.

X での設定

コンソールでの設定とは全く別物です.

詳細はそのうち…


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-05-05 (水) 09:07:57 (5009d)