Tweet

配布物

http://jr0bak.homelinux.net/~imai/linux/HDL-GXR/install_kit/
debian etch をインストールしたディスクの tarball
  • sda1.tar.gz
  • sda2.tar.gz
http://jr0bak.homelinux.net/~imai/linux/HDL-GXR/source/
上記 tarball のソース
debian
debian パッケージのソース
kernel
linux カーネル
busybox
手ビルドした busybox のソース

寄贈コード

http://jr0bak.homelinux.net/~imai/linux/HDL-GXR/contrib にあります.

今のところ Michael Reinsch 氏の書いた電源監視デーモンとそのハンドラがあります. 増えてきたらサブディレクトリを切って分類したいと思いますが,増えるかどうかは…

機材

必要な機材については ../道具 ページを参照のこと.

HDL-GXR の機能に未練がある場合は,内蔵 HDD とは別の HDD にインストールし,交換することをおすすめします. 元の HDD に戻せば HDL-GXR の機能も復活します(ただし,分解してしまったのでメーカ保証外になってしまいますが).

使い方

  1. 適当な容量の SATA ハードディスクを用意します.
  2. SATA ハードディスクを SATA-USB アダプタで別の Linux PC に接続します.
    以下,この HDD を /dev/sda として説明します.環境に応じて適宜読み替えてください.
  3. パーティションを切り,フォーマットします. パーティションは PC/AT パーティションテーブルで,Linux の fdisk で設定します.
    パーティション番号マウントポイントファイルシステム容量フォーマット方法
    1/bootext2128MBぐらいmke2fs /dev/sda1
    2/ext320GBぐらいmke2fs -j /dev/sda2
    3(swap)swap1GBぐらいmkswap /dev/sda3
    なお,ブートローダ側では boot フラグは見てないので,設定は不要です.
  4. tarball を展開します.
    # mkdir mnt     # カレントディレクトリにマウントポイントを作成
    # mount /dev/sda1 mnt
    # cd mnt
    # tar pzxvf どこか/sda1.tar.gz
    # cd ..
    # umount mnt
    
    # mount /dev/sda2 mnt
    # cd mnt
    # tar pzxvf どこか/sda2.tar.gz
    # cd ..
    # umount mnt
  5. HDD を Linux PC から取り外し,HDL-GXR に接続します
  6. シリアルケーブル(SERIAL-KIT もしくは相当品)があれば接続しておきます
  7. PC のターミナルソフト(Linux なら cu, minicom など/Windows ならハイパーターミナル, TeraTerm など)を起動します
    • 通信パラメータは 115200 bps, 8bit, non-parity, no flow control です
  8. HDL-GXR の電源を入れます
  9. 「ピー」音が鳴り,STATUS LED が点滅→点灯で起動完了です
    • とりあえず一安心してください :)
  10. シリアルポートに login: プロンプトが現れるので,ログインしてみましょう
    • ユーザは root, パスワードは空です.
  11. あとは自分の好みにカスタマイズしてください
  12. シャットダウン手順は
    • コマンドラインから poweroff (root 権限が必要)
    • POWER ボタンを長押し
      • STATUS ボタンが点滅し,電源が切れます

なお,SERIAL-KIT が無い場合は,ネットワークから telnet で入ることもできます.

IPアドレス
192.168.1.200
ネットマスク
255.255.255.0
ポート番号
23 接続すると直ちに root のシェルプロンプトが現れます.

注意

上記説明でわかると思いますが,セキュリティ的にはあっぱっぱです.

  • root パスワードを設定して
  • telnetd が起動しないように
    • /etc/rc.local で起動しているので,該当部分を削除してください.

リリース履歴

年月日変更内容
012007/09/29新規リリース

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-19 (月) 22:27:26 (3678d)