Tweet

debian のインストール

基本的には

http://www.mizore.jp/wiki/index.php?LANDISK%2Finstall-debian の手順で行けます.

以下,ヒネリを入れた部分のみ.

パーティション

../sh-lilo にも書いたように,カーネルコマンドラインは sh-lilo にハードコーディングされていて,lilo.conf でいじることができません.

というわけで,そのハードコーディング部分を変更して,再コンパイル.

if (serial_type () == 0)
  //cmdline = string_set (cmdline, "console=ttySC1,115200");
  cmdline = string_set (cmdline, "root=/dev/hda3 console=ttySC0,115200");
else
  //cmdline = string_set (cmdline, "console=ttySC1,115200");
  cmdline = string_set (cmdline, "root=/dev/hda3 console=ttySC1,115200");

// でコメントアウトしてある部分がオリジナル行.

これで,自由にパーティションを切ることができますね.

# fdisk -l
 
Disk /dev/hda: 255 heads, 63 sectors, 20023 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda1             1         9     72261   83  Linux
/dev/hda2            10        72    506047+  82  Linux swap
/dev/hda3            73     20023 160256407+  83  Linux
/dev/hda1
/boot
/dev/hda2
スワップ
/dev/hda3
/

としてみました.

まぁ,ハードディスク上の順番とパーティション番号が合っていなくても問題はないので,sh-lilo をいじらなくても問題はないのだけどね.

telnetd

シリアルの改造をやっていないので,そのまま debian のイメージを入れただけだと,外からは手も足も出なくなってしまいます. というわけで,../telnetd を仕込んで外からいじれるようにしてやります.

手順は,../telnetd で LANDISK ユーザランドに仕込んだ時と基本的には同じ.

  1. busybox を /usr/sbin/telnetd という名前でコピーします.
  2. /etc/inittab に
    1:12345:respawn:/usr/sbin/telnetd -p 8023
    という行を加えてあげます. まぁ,well known の 23 番でも問題はないのだけど,こちらには後で普通の telnetd を仕込もうかと思ってるので.

困ったときは

というか,実は私が困ってたのだけど :)

busybox 版 telnetd が上がってきてくれない

ポカやってて悩みました.

25 番ポートに telnet してみると,exim が応答してくれてるので,ユーザランドは起動しているようです.

この状態で LANDISK からメッセージを得るのに syslog のリモートロギング機能を使ってみました.

  1. ターゲットの /etc/syslog.conf を以下のように書き換える. 192.168.0.xxx は,母艦マシンの IP アドレス.
    *.* @192.168.0.xxx
  2. 母艦マシンでは,syslogd のオプションに -r を付けて再起動.
    大抵のディストロでは,デフォルトではリモートロギングは受け付けないようになってるようです.

これでターゲットの syslog は読めるようになったのですが,ターゲットから任意の箇所でメッセージを送るには logger コマンドを使用します.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-01 (火) 04:58:15 (4464d)