Tweet

sh-lilo のコンパイルとインストール.

はっきりいってこの作業自体には意味がありません. が,ほげるに当たっては意味があるかもしれません.

配布場所

ここから sh-lilo-2000-11-26.tar.gz を入手します.

ソースやドキュメントを眺める

sh-lilo の場合,x86 の lilo と違って

  • 複数イメージはサポートしてない
  • initrd 非対応
  • カーネルコマンドラインはハードコーディングされている

ようです.

コンパイル

  1. まずは,../ツールチェーンをインストールします.
  2. アーカイブを展開します.
  3. Makefile 中の CROSS_COMPILE 行を
    CROSS_COMPILE=sh4-linux-
    とします.
  4. make を実行.

インストール

  1. ../分解し,ハードディスクを取り出します.
  2. ハードディスクの中身を../吸い出して,別のハードディスクにバックアップします.
    バックアップ側を作業に使った方が安全でしょう.
  3. ハードディスクの中の boot.b で lilo をインストールして,うまく起動すること確認します.
  4. (パーティション中の)boot/boot.b を,先ほどコンパイルした boot.b と入れ換えます.
  5. lilo を実行し,ブートローダをドライブに書き込みます.
    間違ってホスト環境のブートローダを書き換えてしまわないよう :)
  6. LANDISK にドライブを接続し,うまく起動するか確かめてみましょう.

結論

LANDISK の sh-lilo は,標準のものと互換性があるようだ.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-01 (火) 04:56:22 (4423d)