Tweet


* LC並列共振回路 [#a02e1b0a]

買ったバーアンテナを使って LC 並列共振回路を組み,オシロを使って共振現象を観察してみました.

** 測定回路 [#ib5855a4]

測定回路はこんな感じです.

#ref(IMG_20160404_170418.jpg,,20%)

- バーアンテナとフィルムコンデンサで共振回路を組む
- SG にループコイルをつないで磁界を発生させ,LC 共振回路を励振する
- SG はスイープモード
-- 予想される共振周波数付近の周波数をスイープ
- ループコイルと LC 共振回路の電圧をオシロで観察
-- 共振回路側はオシロのプローブの容量が接続されることになる
-- プローブの容量はおそらく今回は誤差の範囲だが,中波 AM ラジオあたりの周波数だと微妙かも.

素子の公称値から求められる共振周波数は

fo = 1 / ( 2π√(LC) ) = 42.5 kHz

となります.

** 回路を組む [#j19c7a9a]

回路を組んでみます.

#ref(IMG_20160404_171501.jpg,,20%)

ループコイルはブレッドボード用のワイヤを適当に丸めて作りました.

** 結果 [#d2a6292a]
#ref(IMG_20160404_170619.jpg,,20%)

上の写真は,SG で 10 kHz 〜 100 kHz を 9 秒でスイープしたときのものです.
画面の上がループコイルの電圧(V1),下が共振回路の電圧(V2)です.

ループコイルのリアクタンスが周波数によって変化するため,スイープ電圧があまり安定してません.
が,スイープ開始のタイミングがオシロ画面で分かるので,これはこれでいいのかな.

で,共振回路側ですが,だいたい 46 kHz あたりで共振していることがわかります.

#ref(IMG_20160404_170800.jpg,,20%)

今度の写真は,40 kHz 〜 50 kHz を 10 秒かけてスイープしたものです.
共振のピークは 47 kHz あたりだということがわかりますね.

** バーアンテナのインダクタンス [#r20f3f4d]

:共振周波数|47 kHz
:コンデンサの容量(公称値)|39nF

を fo = 1 / (2π√(LC)) の式に当てはめると

L = 1 / ( C(2πfo)^2 ) = 294 uH

となります.公称値よりも小さめの値です.


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS