Tweet

悪夢

「水漏れ」で思い出した,実家の軽トラックの話.

この軽トラックはピアノの運搬に使っていて,その日は運搬の手伝いに駆り出されていた. この時私は高校生. もちろん運転免許は持っていない. 父の運転である.

季節は冬. まず,前兆は暖房に現れた. 水温が上がっているのに暖房が効かないのである.

で,水温の警告. 前から「ラジエータの水が減る」ということで,やかんに予備の水を入れて持ち運んでたそうである.

が,しばらくすると,エンジンの調子が悪くなる. しかたがないので,バイパスを降りて最寄りのガソリンスタンドに入る.

で,見てもらうと…

エンジンオイルが真っ白

になっている. つまり,ドレッシング状態.

で,軽トラックはとりあえずそのガソリンスタンドに預けて,後日,ディーラーに見てもらうと,

シリンダーヘッドに穴が空いていて,冷却水がエンジンオイル系統に流れ込んでいた

ということである. で,あえなく廃車となりました.

水漏れ

医者に行って,その足で車の任意保険の更新にディーラーに行く.

で,「そういえば,クラクションの接点の接触が悪かったな.あと,ブレーキがシュッシュッと音をたててたな」と,ついでに見てもらうことにする.

すると…

水温の上がり方が異常です

とか言うではないかい.

そういえば,医者からディーラーに行くときに水温が高めだったのだけど,「気温が高いせいかな」ぐらいに思っていたのである.

昔,実家にあった軽トラックでの悪夢が頭をよぎる. こちらのほうがより致命的なので,そこらへんを見てもらうと…

ラジエータホースから水漏れ

ということで,「悪夢」ではない(かもしれない). 水漏れの感じからすると,自宅までは持つかどうか,という雰囲気らしい. 危機一髪である.

で,部品が手元にないそうで,とりあえず代車を借りることにする. が,あいにく代車がすべて出払っているそうである. が,営業マンの人が私物の車を貸してくれる,ということで,それを借りる.

が,ひさびさのオートマ車. 左足が寂しい.

ruby

気が向いたので ruby をマスターしようという気分も兼ねて,ちょいとプログラムを書いてみる.

が,すごく居心地の悪い気分である. いじっていて自分のものになっていないのが,自分でよくわかる. 「ruby でプログラミングに開眼した」という話はよく聞くのだけど,いまだにその感覚は理解できずにいるわけである.

うーん.

追記)実は

オブジェクトが属しているクラスの名前

をどうやって得るのか,と悩んでいたのである.

で,経典を,目を皿のようにして探すと…

なんでこんなところに書いてあるんじゃい

というところにさりげなく書いてある.

うーむ.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-06-19 (土) 17:53:35 (4922d)