Tweet

PPPoE の設定

引続き,OpenBlockS の設定.

で,debian の PPPoE がカーネルモードに対応しているか,というあたりを調べてみる. Google 様に適当にお伺いを立てたり,パッケージのファイルの内容を見てみると

  • rp-pppoe.so は ppp パッケージに吸収されている
    • カーネルモード PPPoE はこちらでサポートされている
  • pppoeconf パッケージは pppoe (rp-pppoe) パッケージを必要としていない
    • つまり,pppoe パッケージは不要である

といわけで,サポートはされているようである. rp-pppoe が半ば obsolete な扱いになっているあたり,時代の流れを感じてしまう. (というか,マトモに追っていなかっただけなのだが)

で,さくっと

# pppoeconf

を実行する. eth0, eth1 をスキャンして,モデムに接続されているポートを自動認識し,後は聞かれるままに ID とパスワードを入力. で,勝手に接続が始まる.

で,おもむろに

# iptables

を実行してみると

TCPMSS     tcp  --  anywhere             anywhere            tcp
flags:SYN,RST/SYN tcpmss match 1400:1536 TCPMSS clamp to PMTU 

なんてエントリがあるので,カーネルモードで動作しているのであろう.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-01 (火) 07:05:51 (4423d)