Tweet

include プラグインの拡張

PukiWiki の include プラグインにも手を入れてみる.

#include(./include プラグインの拡張)

のような相対パス名を解釈してくれなかったので plugin/include.inc.php を

       list($page) = func_get_args();
       $page = strip_bracket($page);
       //ここから
       $page = get_fullname ( $page, $vars['page'] );
       //ここまで追加

こんな感じに変更. で,このページ自体は 日記/2007-05-06/include プラグインの拡張 ページに書いています. うまく取り込めているかな.

で,さらに調子に乗って

       if (!is_page($page) or isset($include_list[$page]))
       {
               //return ''; // もとはこっち
               return make_pagelink($page);
       }

こんな変更もしてみる. 未作成ページを include した場合に,そのページ名と新規ページへリンクした「?」マークを表示するようにしてみました.

が,ここらへん,どこかの機能とぶつかる気もしないではないのだけど… ぶつかってるのが見つかったらその時に気にすることにしよう.


で,ここらへんまでできると,日記の YYYY-MM-DD (日付文字列)のページを

#include(./項目1)
#include(./項目2)

のように記述できるかな,という企みがあります. さらに RSS も YYYY-MM-DD/項目1, YYYY-MM-DD/項目2 のエントリができるので,ちょっとはマシになるかな. 現状だと YYYY-MM-DD のエントリしかできないので,RSS がちょっと寂しいのです.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-06 (日) 13:00:55 (3872d)