Tweet

"DD" を Linux で使う

img01.gif

W-ZERO3[es] への機種変更のドタバタで入手してしまった "DD" であるが,当然 Linux マシンにつないでみた.

$ cat /proc/bus/usb/devices
…
T:  Bus=04 Lev=01 Prnt=01 Port=00 Cnt=01 Dev#=  6 Spd=12  MxCh= 0
D:  Ver= 1.10 Cls=00(>ifc ) Sub=00 Prot=00 MxPS=64 #Cfgs=  1
P:  Vendor=11f6 ProdID=2001 Rev= 1.00
S:  Manufacturer=Prolific Technology Inc.
S:  Product=USB-Serial Controller
S:  SerialNumber=10000036
C:* #Ifs= 1 Cfg#= 1 Atr=80 MxPwr=500mA
I:* If#= 0 Alt= 0 #EPs= 3 Cls=ff(vend.) Sub=00 Prot=00 Driver=pl2303
E:  Ad=81(I) Atr=03(Int.) MxPS=  10 Ivl=1ms
E:  Ad=02(O) Atr=02(Bulk) MxPS=  64 Ivl=0ms
E:  Ad=83(I) Atr=02(Bulk) MxPS=  64 Ivl=0ms

といった感じで,prolific の PL2303 ドライバで問題無く動作する. 本物の PL2303 は USB - RS-232C シリアルアダプタで,"DD" とは別のベンダ ID・プロダクト ID を持っているので,あくまでも「互換」というだけのようである.

まずは cu でモデム部と会話してみる.

$ cu -l ttyUSB0 -s 115200
Connected.
at
OK

ほら,このとおり. 念のために説明すると

  • at(Enter) が自分が打ち込んだ文字列
  • OK が "DD" から返ってきた文字列

である.

で,あとは pppd の設定をすれば,コマンドラインから

# pon 設定名

で接続することができる.

手で直接ファイルをゴリゴリいじらずに設定ツールを使ってもいいのだけど,注意点が一つ. こいつはあくまでも PHS のアダプタであって FAX モデムではない. というわけで,+FCLASS=… みたいな FAX モデム用のコマンドは受け付けない. というわけで,AT コマンドでこの部分は削除しないといけないのだが,GNOME PPP なんかだとうまく削除できないようである.

かつての PPxP あたりでやっていたように,ここらは「モデムの機種名を選べばそれでおっけー」みたいなあたりをしっかり作り込まないと,Linux デスクトップはいつまでたっても「マニアのおもちゃ」なんだよなぁ.

そろそろ「AT コマンドを知っている」ってだけでジジィ扱いされそうな気もするし.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-13 (木) 01:44:29 (4089d)